<< 七五三被布 | main | エバメールゲルクリーム詰め替え >>

本:わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。



■買い物
本:わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。

■きっかけ
もともと、名言の類の本が好き。
あるブックレビューに、わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。が紹介されていた。
魅力を感じたのは、この本が「女性の名言を集めたもの」ということ。
どちらかというと、今まで読んでていた名言集は、男性の言葉が多く、女性の名言は割合的に少なめだったため、読んでみたいと思った。

■ショップ決定
地元の本屋をいくつか回ったが、扱っておらず、楽天ブックスで注文。

■商品到着〜
2011年1月5日注文、1月6日発送。早い対応。



さまざまな国の女性著名人の言葉を中心に、各国に伝わることわざ・格言も散りばめられている。

全体的に、強く美しく生きて行こうとする女性の指針になりそうな言葉が多い。

 「従順な女は天国に行けるが、生意気な女はどこへでも行ける」(ウーテ・エーアハルト)

の言葉はしびれる。

恋愛に関するものや、女性として美しくあるための名言も多数。

 「私は、わがままでせっかちで少し不安定。ミスをおかすし、自分をコントロールできないときもある。でも、もしあなたが私の最悪の時にきちんと扱ってくれないなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格はない。」(マリリン・モンロー)

マリリンモンローの、この、言いきるところがまた格好いい。

 「愛している 好き 何かしてあげたい それだけでじゅうぶんじゃないの」(岡本敏子/芸術家・岡本太郎の内縁の妻)

でも、リアルに共感できるのは、岡本太郎さんの奥さんの言葉だったり。



全ての名言に、小さな可愛い女の子達の写真が並べられている。
「大人の女」の言葉なのに、使われている写真が「子ども」というギャップがまたいい。
それぞれの言葉にうまくハマる写真がセレクトされているので、名言とともに写真を眺める楽しみ方もある。


at 21:39, しのっち, 本・絵本

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://kaimono.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/33